読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロートが素人なりにしらべてみたらこうなった

あなたの代わりに、よくわからないネット上のことをしらべてまとめてみました

レゴランド開園から1週間!魅力ない名古屋の起爆剤となるのか?をゴールデンウィーク目前にしらべてみた

www.legoland.jp

 

名古屋の金城ふ頭に”レゴランド・ジャパン”がオープンして一週間。

オープン直前には数々の全国メディアがこぞって取り上げ、前評判は上々のようでした。このニュースを見て、「お、ついに名古屋にもTDLUSJみたいなテーマパークが!」と思った名古屋人も多いはず。ですが、その後、あまり良い評判を聞かないのですが・・・。

ということで、話題のテーマパークについていろいろと調べてみました。

 

 

 

魅力に欠ける都市、名古屋

 

名古屋の不人気は深刻。2016年の「都市ブランド・イメージ調査」において、名古屋市は”もっとも魅力に欠ける都市”として有名になってしまった。

名古屋市:都市ブランド・イメージ調査を実施しました(市政情報)

f:id:hiro710bb:20170415071424j:plain

出典URL:http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/cmsfiles/contents/0000084/84816/chousakekka.pdf

全国の主要都市の中で「魅力に欠ける」がダントツ!一番深刻なのは、名古屋市民自身が、名古屋を魅力的に感じていないところ。同調査によると、名古屋市民が一番魅力を感じている都市は1位「京都」、2位「東京23区」らしい。他の都市はおおむね自分たちの住む都市が1位になっていることを考えると、これは根が深い。

名古屋市が行った調査でありながら、名古屋市自身がもっとも痛いところを直視する現実が突き付けられた形になってしまいました。

 

名古屋の観光資源

 

同調査において、「名古屋の魅力観光資源等について」という項目がありました。

f:id:hiro710bb:20170415072436j:plain

出典URL:http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/cmsfiles/contents/0000084/84816/chousakekka.pdf

やはり1位は名古屋城。最近、天守閣のいろいろ問題で揺れ動いていますが、やはり「尾張名古屋は城で持つ」と言われるほどの名古屋のシンボル。2位には「なごやめし」。味噌カツきしめん、ひつまぶし、味噌煮込みうどんなど、他の地域にはない食文化。喫茶店のモーニングサービスなどもこの地域が発祥。

で、第3位が「特にない・思いつかない」。

名古屋の地域的特殊性なのか、東京と大阪の通過点的イメージなのか、それともはたまた名古屋の宣伝下手が抜きんでているのか、他の地域の人には名古屋に何があるのか伝わっていないようだ。でも、名古屋在住の人でも「名古屋には何もない」と答える人が多いという地元意識の低さが目立ちます。

それは、名古屋に観光地がないというよりも、「名古屋にしかない」が少ない気がします。全国から人を呼び込めるような特殊性のあるスポット。それが他の都市に自慢できるものになるのだと思います。

 

レゴランド・ジャパン開園!

 

で、ついに名古屋にも本格テーマパークがオープン!

それが、世界的人気を誇る”レゴランド”というから、元名古屋市民の私としてもウキウキワクワクして待っておりました。(まだ行ってませんが)

これはついに名古屋にも救世主が現れたに違いない!

今まで名古屋人の遊園地といえば三重県の「ナガシマスパーランド」が定番。さらに、東京ディズニーランドへも大阪ユニバーサルスタジオへも、名古屋という立地の良さから日帰りでも行ける。この辺りに名古屋人が他の都市に魅力を感じてしまう原因もありそうだ。

 

国内旅行予約は
るるぶトラベル

 

レゴランドとは?

 

レゴランドはレゴブロックで有名なレゴ社が世界に展開するテーマパーク。

現在オープンしている主要レゴランドは、

デンマーク・ビルン

イギリス・ウインザー

アメリカ・カリフォルニア

ドイツ・ギュンツブルク

アメリカ・フロリダ

マレーシア・ヌサジャヤ

アラブ首長国連邦・ドバイ

そして日本・名古屋

今後、韓国と中国・上海にオープン予定らしい。

当初、千葉県の幕張に予定されていたそうだが、なんだかんだで名古屋の金城ふ頭に決定した経緯がある。

今回名古屋にオープンしたレゴランドも、レゴブロックを17,000個も使用し、10,000を超えるレゴモデルを使用。40を超えるショーやアトラクションが1日楽しめるテーマパークになっている。

 

レゴランド・ジャパンの場所・行き方は?

電車では、JR名古屋駅から「あおなみ線」に乗り換え。終点の「金城ふ頭駅」まで約24分。そこから徒歩ですぐ。

周辺には人気の施設「リニア鉄道館」やイベントホール「ポートメッセ名古屋」などがあります。

車であれば、伊勢湾岸自動車道「名港中央IC」から金城ふ頭駐車場、徒歩でむかいます。レゴランドには専用駐車場がありません。思い込みかもしれませんが、伊勢湾岸自動車道の名古屋港付近のインターチェンジはポートメッセなどでイベントがあると長蛇の列ができて渋滞するイメージがあります。電車が利用できればその方がおすすめだと思います。

 

 

レゴランド・ジャパンの問題点

 

オープン後ネット情報ではいろいろとネガティブな意見が出ています。真実はご自身で見て確認してほしいのですが、ちょっとだけここであげてみたいと思います。

 

・料金設定が高め

大人(13歳以上)が6,900円、子供が5,300円とやや高額と言われています。ディズニーランドは1デーパスポートが大人7,400円、中人6,400円、小人4,800円。USJは1デイ・スタジオ・パスが大人7,600円子供5,100円。パークの規模からするとそんなもんかな~、ちょっと高いかな~、と思いますが、どうでしょう?一部の情報によると、名古屋地区は裕福なおじいちゃん・おばあちゃんが多いらしく(ホントか?)、その祖父母に孫がせがんで連れていってもらうという「祖父母マネー」を狙った金額設定だそうだ。

 

・行きかたがわかりづらい

上の地図を拡大してもらうとわかりますが、非常に道が複雑です。しかも、愛知・名古屋は自動車文化圏。車がとても多いです。愛知県は世界のトヨタのおひざ元でもありますから。でありながら、レゴランドには専用駐車場がありません。名古屋市が運営する駐車場しかないのです。今後、対策されていくのかどうかわかりませんが、他の大型テーマパークを意識するのであれば、ちょっと難のある気がします。そして、駐車料金は休日1日1,500円・平日1,000円。なので、車よりも電車がおすすめです。

ちなみに、駐車場の隣にレゴランドのオープンに合わせてできた(と思われる)商業施設、メイカーズピアがあります。

 

・食べ物が・・・

一番評判の良くないのがフード。料金の割にお粗末などと言われています。パークのレストランにはホットドッグやハンバーガーなどが多く、料金設定の要となった「祖父母」に対して置いてきぼり感があります。ですが、ネットに出回っているお粗末なハンバーガーなどは実際にはちゃんと包装されているそうなので安心してください。レゴポテトやピザなどの食べ放題が2,000円であるみたい。そして、パーク内への飲食物の持ち込みは基本NG。ペットボトルなども持ち込みできません。

www.legoland.jp

 

 実際に行った人の評判は?

オープン初日、あいにくの雨。初年度200万人を見込んでいるそうですが、地元のテレビ局の取材でレポーターの方が「とっても混んでますよ~」とおっしゃっていましたが、背後に映る風景はそれほど人は多く見えませんでした。周辺も混雑はなかったそうです。

実際の入場者数は調べてもわかりませんでしたが、予定よりも少なかったのでは?午前中の雨もあって、出足が鈍ったのは間違いないです。昼からは回復しましたが。

で、実際に行ってみた人の感想をいろいろ調べてみましたが、おおむね好意的でした。実際に行ってみるとアトラクションも楽しく、1日じゅうぶん遊べるようです。特に平日は空いているようですから、ねらい目かもしれません。

www.legoland.jp

 

 

 

レゴランド・ジャパンは不人気都市名古屋の救世主となれるか?

 

レゴランド・ジャパンはこれからもアトラクションを増設したりパークの拡大をしていくそうです。ふれあいのできる水族館「シーライフ(2018年予定)」やパートナーホテルなどとの提携など、総合的なレジャーパークとして発展していくそうです。今後、日本の三大都市の三大テーマパークとして発展していくことを期待します。

ということで、現状よりも「今後を期待」といった感じですね。