シロートが素人なりにしらべてみたらこうなった

あなたの代わりに、よくわからないネット上のことをしらべてまとめてみました

Yahoo!プロモーション広告とは?リスティング広告の効果は?PPCって何?素人でもわかるように、素人なりの説明で使い方をしらべてみた

 

自分で新しくサイトやブログを作っても、なかなかアクセスが伸びない。

最初のうちは情報量が少ないので、他の人に見てもらえる機会も少ないけれど、やってもやってもアクセスが増えていかない・・・。なんだかやっていても張り合いがないので、そのうち放置。個人のブログならそれでもいいけど、企業・お店のサイトや商品サイトとなるとそういうわけにもいかない。

 

そこで必要となってくるのが「SEO 対策」。

SEO対策とは、素人でもわかるように簡単に言えば、「検索エンジンに都合イイサイトをつくりましょ」ということ。

 

現在、ほとんどの人が調べものをするときにネット検索を使います。そのうちの日本人の約80%がYahoo!から検索しているらしいです。

 なので、サイトやブログを他の人に見てもらいたいときにはYahoo!の検索上位に表示されればアクセスは自然と伸びます。

 

でも、どうすればSEO対策ってできるの?

 

素人には難しく、手間・時間と専門知識が必要っぽい。

 

そもそも、SEO対策の「SEO」ってなんだ!?

というところから始めましょう。

 

Contents

 

 

SEOとは何?

まず、基本中の基本。

SEOとはなんぞや?

 

S = Search

E = Engine

O = Optimization

 

それぞれの頭文字。

"Search Engine Optimization"

直訳すると、「検索エンジン適正化」「サーチエンジン最適化」となる。

 

そもそも、Yahoo!もしくはGoogleで検索した時に、表示される順位ってどうやって決まっているのか?

 

 

それは神のみぞ知る・・・かもしれない。

 

だって、それがわかったらだれも必死になって苦労はしない。

その順番が決まるルールにしたがってサイトを作れば必ずトップに表示されるのなら、みんなそれをやったらどうなるか、という話になってしまう。たぶん、それについて詳しく知ろうとすると、分厚い本に一冊では収まらないくらいのテキストになるんだろうな~と思う。私のような素人にはわからない世界。

 

検索上位に出るのにポイントは”キーワード”と”情報量”といわれています。他にはないキーワードと他にはない情報があるサイトはそのキーワードで検索されたときには上位表示されます。ですが、サイトに有効な情報量が少ないと、検索エンジンが有効なサイトとして認識してくれません。となれば、小さなデータ量のサイトはいつまでたっても検索エンジンで検索されないことになります。ですので、サイトを構築する段階で、検索されたいキーワードとある程度の情報量を意識する必要があります。他にはないキーワードと、情報量。

 

しかしですよ。

他にはないキーワードで検索って・・・。必要ないからそのキーワードが空いてるんじゃないの?と素人的には思ってしまう。誰も調べないワードで上位表示されたって、誰も見ないなら意味ないじゃん。 

 

人気のあるキーワードで検索されてこそ、そこに価値が出てくるもんじゃないの?

でも、そんなことできるかというと・・・。

さすがにシロートでは難しい。

かといって、本気でインターネットやSEOに取り組むほどの頭と時間と余裕がない。でも、せっかく作ったブログやサイトをたくさんの人に見てほしい・・・。とにかくSEO対策には膨大な労力と手間がかかります。他の競合するサイトたちを出し抜くわけですから、それ以上の努力をしなければ上には上がれません。

 

とくに企業のページなどは切実ですね。

 

同じ商品を扱うような競合店の場合、検索エンジンの1ページ目に表示されたもので検索した人がそこで満足した場合、2ページ目は見てももらえません。その存在に気づいてももらえないんです。場合によっては死活問題かも・・・。

 

そこで、そうした企業や個人のために活用したいのが”Yahoo!プロモーション広告”なんです。

 

 

 

 

Yahoo! プロモーション広告って何?

 

例えば、「英会話 教室 東京」(別に何でもいいですが)でYahoo!で検索してみてください。

検索結果の上と下に、「広告」というマークのある記事が出ていますよね?

まさにそれがYahoo!プロモーション広告です。ある一定のキーワードで検索されたときに、検索結果とは別に広告として表示されます。ですが、見た目に違和感もなく、検索した側としては他の検索結果でなくても、情報に満足できるなら構わないわけです。

 

 実際にどんな風に広告が出るのかというと・・・

f:id:hiro710bb:20170326064503p:plain

実際はもっと検索結果も広告も多いかと思うが、薄くピンクで示した領域に表示されるものがリスティング広告。薄いブルーの領域が通常の検索結果。

 

検索したキーワードに対して、広告主が指定したキーワードと条件が合致すると、検索結果の上下のいずれかに表示される仕組みになっています。

 

これがYahoo!でいう「Yahoo!プロモーション広告」、よく「リスティング広告」といわれるもの。以前はYahoo!リスティング広告という名前でしたが、現在はYahoo!プロモーション広告という名前になっています。

リスティング広告は、たまに「PPC広告」とも言われることがありますが、厳密にはPPCは「Pay Per Crick」のことで、「クリック課金」という意味です。広告がクリックされるたびに料金が発生するということで、ざっくり言えば同じことですけどね。

 

こうして広告を出せば、SEO対策などしなくても検索結果の上位ページに自分のサイトの広告を出すことができるわけです。Googleにしっぽを振って気に入ってもらうという努力が必要なくなるわけですね。

 

 

 

Yahoo!プロモーション広告の効果は?

 

とはいえ、「広告」と書いてあるものをわざわざ見てクリックしてくれる人ってどれくらいいるのかな?

 

Yahoo!プロモーション広告(公式サイト)

 

公式サイトの、ページ内にある、”スポンサードサーチの主要な広告掲載サイト”をみてみると、”エキサイト”や"bing"、"ameba"、”朝日新聞”など、そうそうたる企業の顔ぶれが並ぶ。

 

そうした企業が利用しているくらいだから、効果がありそう。

 

あくまで、「ありそう」。

広告なので、運用次第のところはある。

 

試しに、小さな画像と1000文字程度の小さなサイトを作ってサーバーにアップして、あるキーワードでリスティング広告を出してみた。

通常で考えれば、検索エンジンが見つけてくれるようなサイトではない。したがって、検索エンジンでの訪問者数など0だと思うし、アクセス数も0だろう。でも、試しに1日限定でリスティング広告を出したところ、3,115回のインプレッション数(表示回数)と7回のクリックがあった。素人の私が作ったしょうもないサイト(それなりの情報は入れたけど)に対して、その反応があったことを考えると、もっとビジネスとして襟元を正してして取り組んでいけば、かなりの効果を上げそうな気がする・・・という手ごたえは感じることができた。まあ、何もしなければ0アクセスのサイトなので、それだけでも効果はある、と考えても差し支えないだろう。

 

やはり、「運用次第」という感はあるけど。

 

特に、スマートフォンでの広告市場は増加の一途。アプリでもブラウザでもページを開くたびに広告が出まくりですよね?それは、「効果がある」からに他ならないでしょう。

 

 

広告を出す費用は?

 

 

 まず、最低3,000円を入金。

そして自分の広告がクリックされたときのキーワードに応じて課金されていくという、”クリック課金制”となっている。したがって、検索結果に表示されるだけなら料金は発生しない。さらに、最初に入金した3,000円(もしくは任意での入金金額)以上の請求は発生しない。

したがって、元手が3,000円あれば始められるという、料金に関してはかなり安心できる仕組みとなっている。

 

 

広告キーワードに関しても、各キーワードごとに1クリックあたりの支払料金の上限額を設定できる。このキーワードのクリック料金に関しては、入札形式となっているため、入札金額の高い広告がより上位に表示される仕組み。人気のあるキーワードでの上位表示には高値がつくことになるので、料金の設定に注意が必要になる。

 

Yahoo!プロモーション広告公式サイト には、月額予算30,000円以上で効果を実感しやすくなるとあるけれど、資金に余裕がなければまずは少ない金額から始めてもいいと思う。じわっとではあるけれど、ちゃんと効果を感じることはできる。

 

ほかに、初期費用等は発生しない。

最初に自分で3,000円以上の入金をしたら、その金額内で運用できればそれだけしかお金はかからない。

 

もし、キーワードに関する不安があれば、Yahoo!プロモーション広告(公式サイト) の上部の”料金”タブからページ下部の”料金お見積りフォーム”を利用してみると、ホームページに合わせたキーワードや料金について問い合わせできます。

 

 

 

使いこなす自信がないんだけど・・・?

 

広告の運用ということなので、必ずしも効果が上がることを約束できるわけではない。キーワードとリンク先サイトの組み合わせ等によっては全く効果的でない場合も考えられる。

そうなれば、せっかく広告費用を入金しても無駄クリックに浪費されてしまう。

これはもったいない。

 

もし、自分で運用する自信がないときは、”らくアド”という自動広告運用ツールがある。

最初に簡単な入力項目(業種やサイトのアドレスなど)を入力するだけで、あとはらくアドが自動で運用してくれる。広告文もキーワードも考える必要はなく、広告が掲載されたらあとは自動で最適化してくれる。

もちろん、広告の編集も可能。

 

あとは、管理画面で効果を確認。残金や広告の掲載回数、クリック数など、ダッシュボードでわかりやすく表示されます。

 

 

f:id:hiro710bb:20170326155229p:plain

画像出典:Yahoo!プロモーション広告(公式サイト)

 

 

自分で全部管理したい

 

もちろん、”らくアド”に任せないで自分で管理することも可能。

自分で、広告の「広告文」、「キーワード」、「費用運用」などを手動でせっていできます。”らくアド”との同時運用は出来ないので、どちらかを選択することになります。

 

広告の設定の方法

入札方法、キーワードとキャンペーンを作成します。

1日あたりの予算等、入札方法を設定できます。

広告グループを作成します

広告を作成します

 

イメージとしては、

 

キャンペーン > 広告グループ > 広告

 

といった感じ。

それぞれの階層で広告配信のオン・オフの切り替えができます。

 

 

広告の作成方法

まず、広告を作成したいキャンペーン、広告グループを選択します。

すると、広告の作成画面が表示されます。

 

広告の表示イメージはこんな感じです。

 

タイトル1-タイトル2

説明文

リンク先URL

 

 

・広告名 

 広告グループの中で識別するための名前です。検索画面には表示されません。

 

・タイトル1

 広告の見出しです。30文字以内。

・タイトル2

 広告の見出しです。こちらも30文字以内。タイトル1の、補足的な内容やサイトタイトルに使われることが多いようです。

・説明文

 広告に表示される本文です。サイトの内容にあった説明文をできるだけ簡潔にまとめましょう。80文字以内。

・リンク先URL

 URLは最終リンク先URLと表示するURLを設定できます。

 最終リンク先URLは実際にクリックされたときに表示されるサイトのURL、表示URLは広告に表示されるURLです。

 

 ということで、下のようなイメージで表示されます。

 

 

 

ヤフープロモーション広告 ― 素人が素人なりにしらべてみた

ヤフープロモーション広告の使い方について素人なりにしらべてみた

shirouto.hatenablog.jp

 

 

広告が出来たら、らくアドと同じように、ダッシュボードでインプレッション数やクリック率などを管理していきましょう。成果がないときは、キーワードなどの見直しも必要です。

印象的な見出しや、興味を引くような本文があれば、アクセス数アップにつながります。それが、なかなか難しいんですけどね。でも、表示回数が増えれば、そのぶんクリックされる回数も増えます。

 

 

 

どんなキーワードを設定するかが肝!!

 

どんないいサイトを作っても、広告に魅力がなければクリックされませんし、広告が魅力的でも、キーワードによっては全く検索されません。サイトにあったキーワードを設定すれば自然とアクセスが伸びます。

もし、どうしても運用に自信のない場合・成果が伸びない場合は、リスティング広告代行業者に相談して任せてしまうのも一つの手です。

 

リスティング代行一括.jp

代行業者をさがすなら、ぜひこちらのサイトを参考にしてください。複数のリスティング広告代行業者から一括見積を出すことができます。問い合わせは無料です。 

 

 

どんなにいい商品・いいサービス・いいサイトがあっても、広く知ってもらわなければ意味がありません。

Yahoo!プロモーション広告は効率よく広めるためには画期的なツールのひとつと言えると思います。

 

 

 

結局、Yahoo!プロモーション広告はやるべき?

Yahoo!プロモーション広告についてのポイントから。

1.広告料金は最低で3,000円から。初期費用等はかからないし、入金した以上の金額は必要ない。

2.入金した費用は、広告がクリックされることで消費される。それ以外では減ることはない。

3.Yahoo!プロモーション広告なら、知識と手間がかかるSEO対策が必要なくなる

4.各有名企業が利用していることからも、効果があることが推測される

5.キーワードの設定や広告運用に自信がない場合でも、”らくアド”を利用したり、専門業者(別料金)に依頼もできる。

 

どんな便利なツールも効果的に利用できないと効果がありません。特に広告費は莫大な予算がかかりますが、Yahoo!プロモーション広告はかかる費用を自分で設定できるというメリットがあります。インターネット検索は今やだれでもが利用するツール。本気でサイトや会社の宣伝を考えるなら、やってみて損はないと思います。

 

 

 

Yahoo!プロモーション広告