読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロートが素人なりにしらべてみたらこうなった

あなたの代わりに、よくわからないネット上のことをしらべてまとめてみました

そもそも、『格安SIM』自体がよくわからないので調べてみたらこうなった

美女3人とガチャピン・ムックのCMが印象的な”UQモバイル”。
https://www.youtube.com/watch?v=pol5cd5eMH8
CMギャラリーはこちら↑
長女は深田恭子さん、次女多部未華子さん、三女永野芽郁さんに母ガチャピン、父ムックという、なんともエキセントリックなCMがとっても印象的。
こんな美女三姉妹、ホントにこの両親から生まれるんでしょうか!?
・・・それはさておき、

でも、UQモバイルってそもそも何の会社でしょう?





UQモバイルとは、AUの回線を利用するMVNOです。

・・・MVNO?
それはいったい何かというと、自社回線を持たずに、自社ブランドの携帯電話やPHSのサービスを行う会社のこと。
Wikipediaによると、日本語では『仮想移動体通信事業者』というそうです。余計にわからなくなります。

 

そもそも、格安シムとか、格安スマホとか言いますが、どうして格安なんでしょう?

私は実はドコモ一筋15年強なんですが、それが果たして得しているのか、それとも莫大な財産と年月を浪費してしまったのか、気になるところでもあります。

そんなに『格安○○』がよいのなら、乗り換えてもいいかな、なんて思いながら調べてみました。

 

ここからはあくまで、ネット上の情報をもとに書いています。情報が真実か否か、ご自身で判断ください。

 

 

まず、SIMカード

SIMカードっていうと、まず連想するのがスマホやケータイに入れる、あのちっちゃいカード。SDカードと一緒になんかホルダーみたいなのに入れて装着するとスマホが認識して使えるようになるやつ。

ちょっと待てよ、ということは、この自分のSIMカードを他の端末に入れたら、自分のものとして使えるんじゃないか?と思ったそこのあなた、私と一緒!

 

要するに、結局そういうことらしいんです。

格安SIMを手に入れれば、スマホなどの端末を使いまわしで使えていけるというものらしいのですよ。自分のSIMカードを使えば、他の端末を自分の端末として使用できる。これが格安SIMの一番の特徴らしいのです。

SIMカードには所有者のIDなどが記憶されており、そのSIMカードを通しての通信はそのIDの持ち主の使用として加算される。

ちょっと怖い気もする。うっかりSIMカードをなくしたりしたら、他人に使用されるんじゃないか?

 

まあ、それはしっかり管理するとして、SIMカードについては何となくわかった。

では、『格安』については?

なんで、わざわざ『格安SIM』なんて言い方をするのか?

名前の妙で、ふつうにSIMカードなんていうよりずいぶんお得な感じがする。スマホの端末の機能がそのまま使えて、格安になるんならその方がいいに決まってる。

 

ところがどっこい。

日本にある大手携帯電話通信事業者(NTTドコモKDDIソフトバンク)は、他社のSIMカードを使えないようにロックしちゃっているというんです。通称SIMロックといいますが、一部の最新端末をのぞく、今までのほとんどのスマホがこのSIMロックされているんです。

NTTドコモでは2011年4月以降、他2社では2014年5月以降発売の一部の機種ではSIMロックがかけられていない、いわゆるSIMフリーの機種が登場しています。

なので、昔のお気に入りだった端末を引っ張り出してきて、違う携帯電話会社のSIMカードを入れてもダメなんです。そもそも入るのかどうかもちょっと微妙。

 

SIMカードには大きさが3種類。

大きいほうから、『標準SIM』『マイクロSIM』『ナノSIM』と呼ばれています。一度端末に入れてしまえばそうそう取り出すことはないので、意識することは普通はないですよね。

 

そこで改めて登場のMVNOです。

MVNOを調べてみると、"Mobile Virtual Network Operator"の頭文字をとったもの。

直訳すると、冒頭にあったように、『仮想移動体通信事業者』となってしまう。日本語の方が難しい気がする。”仮想”という言葉のとおり、MVNOは独自の通信網を持っていないらしい。大手の通信事業者(携帯電話会社三社)の回線を借りて通信事業を行う会社・・・っぽい。

「・・・っぽい」というのは、それが正確かどうかイマイチ調べるうちにわからなくなったから。

ほとんどのサイトで、その意味でつかわれているっぽい、としか言えなくなった。

というのは、MVNOを語るには、専門用語が多すぎてシロートにはチンプンカンプン。

見るのも読むのも嫌になる。

だからやめた。

 

で、そのMVNOのほとんどが現在はNTTドコモの回線を拝借しているそうです。

そこでやっと登場のUQモバイル なわけですが、こちらはAUの回線を使用しているそうです。

AU回線を使用するMVNOは今のところ2社のみ。

 

で、今回のポイントをまとめてみると・・・

1.格安SIMで、使える端末は限られている

2.MVNOとは、ざっくり言えば自社回線を持たないモバイル通信事業者のこと

3.UQモバイルAUの回線を拝借している

そんなところかな。

 

あくまでも、シロートが適当に調べた結果です。鵜呑みにするのは危険なのでやめてくださいね。

 

 月額1,980円~のスマホ【UQモバイル】

 

 

UQモバイルの公式ページはこちらから

px.a8.net